おんけん解散の経緯

 

平素よりお世話になっております。

オープンダイアローグ ・オンライン研究会(おんけん)代表の西岡です。

 

既にお知らせしたとおり、誠に残念ながら、おんけんは年内に解散する予定です。現在進行中の連続講座をもって事業終了となります。

これまで、皆様にはおんけんの活動にご賛同・ご参加いただいたこと、スタッフ一同心から感謝しております。

 

おんけんで行ってきた事業は、おんけん代表である西岡が立ち上げた新団体「オープンダイアローグ ・アプローチ研究会FLAT」にて順次再開していく予定です。FLATでは、これまでおんけんが行ってきた無料のオープンダイアローグ 体験会をより進化させるため、リフレクティングチームの養成講座としての連続講座企画や、支援職のためのオープンダイアローグ など、新たな視点からオープンダイアローグ が広がるための下支えをするような企画も展開していきます。今後ともよろしくお願い致します。

 

今回、おんけん解散に至った経緯についてですが、今年6月に私西岡が、共におんけんを立ち上げた横道誠さんに、これ以上一緒に活動できないとの文書を送った際、彼がスタッフメッセンジャーグループを自ら抜けたあと、スタッフ掲示板において、「代表は私を排除した、除名した、独裁者だ、慰謝料請求を考えている」等の書き込みがありました。私を除くスタッフで対話の場を設けたものの、その後も「西岡望氏によるおんけんメンバー排除問題についてと題する真実を公表するためのウェブサイトを構築している」との書き込みがあり、弁護士に相談しながら対応を考えているところです。

 

おんけんは、西岡と横道さんで共に立ち上げたものであることから、一度解散し組織をあらためて再出発するという結論に至りました。

 

緊急の話し合いが必要であったこと、スタッフの精神的負担を考慮し、7月から体験会は休止させて頂きました。

体験会を楽しみにして下さっていた方には大変申し訳ございませんでした。

 

対話について学び、実践してきた間柄において、このようなことが起きてしまったことは誠に遺憾ではありますが、今後もオープンダイアローグを広めていく活動を続けるために、今回の決断に至ったことをご理解いただければ幸いです。

 

今回の件で横道さんと一緒に活動することは難しくなりましたが、横道さん自身の様々な活動については心から応援しています。組織の在り方や価値観に違いがあったとしても、それぞれの活動をお互いに尊重し、認めあい、応援しあえる関係性を望んでいます。そのような姿勢こそ、オープンダイアローグ が大事にしている価値観である「多声性」や「多様性」だと考えています。

 

困難な状況ではありますが、見守って頂けたら幸いです。

対話の世界が平和に広がっていくことを心より願っています。

長文をお読み頂きありがとうございました。


 

オープンダイアローグ ・オンライン研究会(おんけん)  および

オープンダイアローグ ・アプローチ研究会FLAT  共同代表 西岡望/久保田晃祥